HOME > 製品情報 > 横浜育ち・はまぶた

焼きパンを主食に育った、横浜市泉区発祥のブランド豚 舌の上でとろけるような「さし」

はまぶたの美味しさの秘密は、なんと言っても
その「さし」にあります。旨味のある
あっさりとした脂が口の中でとろけ、
その柔らかなお肉は焼いても
縮みが少なく嫌な臭みもありません。

肉質の特徴

とろけるような「さし」が食欲をそそる…

・オレイン酸を多く含んだ、肉色の淡い(乳白色の)良質のさし
・身のしまりがよく、保水性に富んだ豚肉
・変色が少なく日持ちに強い・食感が柔らかく、程よい弾力がある
・ドリップが出にくく、加熱調理でも焼き縮みが少ない

はまぶた
飼料へのこだわり

良質な「さし」の秘密はなんだろう?

はまぶたは、「肉質・脂肪の質」を追究し、焼きパン・大豆粕・チーズをベースにした、一般的な豚肉に比べとても贅沢な原料を与えています。さらにこだわりの「さし」を出すために、特製リキッド飼料を採用することで、嗜好性がよく、食欲をそそる「さし」を実現に成功しました。

こだわりの飼料
環境へのこだわり

横浜でも貴重な農業地域での生産

周辺に住宅が少なくない横浜市泉区の生産農場。この貴重な環境で生産できることの理由には、養豚場特有の臭いが少ないことがあげられます。それはつまり、はまぶたが常に衛生的な環境で育成されていることの証でもあります。子豚期はネット上のきれいな床で育ち、肥育期は水洗豚舎で自由に水浴びをしながら、のびのびと育っています。飼料がリキッドなのでほこりも臭いも少なく、清潔で快適な環境です。

地域の風景
種豚へのこだわり

母豚、種豚ともに選び抜いた「こだわり」

母豚は純系種の形質の優れたものを母豚に選択。
強健であり、ロースが太く、肉量があって、なおかつさしが入りやすい
止め雄は幅が広く、体高が高い種であり、太く肉量があり、強健。さしが入りやすい種を選び抜いています。
※子豚は1頭ずつ耳標をつけて個体識別をしており、肉質チェックから両親の血統をトレースを可能にしています。

種豚の写真
はまぶたロースステーキ

企業の皆様はこちらからお問い合わせください

▲このページのトップへ

SIDE MENU
HOME
製品情報
 —横浜育ち・はまぶた
 —かながわ夢ポーク
 —あじわいポーク
 —加工食品
工場紹介
会社情報
 —企業方針
 —会社概要
 —YMC'Sネットワーク
プライバシーポリシー
お問い合わせ
LINKS
フィード・ワン(株)
日本ペットフード(株)
ゴールドエッグ(株)
三河畜産工業(株)
かながわ夢ポーク